脱毛方法それぞれのメリットデメリット


女性であればムダ毛に悩んでいる方は少なくはないと思います。

脱毛には様々な方法があり、メリットデメリットがあります。今回色々な脱毛方法にあるメリットやデメリットについて説明していこうと思いますので、参考にしてみて下さい。

脱毛エステに通うメリットデメリット

まず最初は脱毛エステのメリットデメリットです。

脱毛エステは家庭での脱毛に比べて「効果が高い」という点が大きなメリットでしょう。エステで使われる脱毛器は家庭用とは違う業務用で、高出力の脱毛器を使って脱毛するのでどんな濃い剛毛肌でもツルツルなお肌にしてくれます。
またエステでは素人では難しいVライン・Iライン・Oラインについても、プロのエステティシャンにかかれば綺麗に脱毛処理を行ってくれるのです。

しかし脱毛エステにはデメリットもあります。

高出力の脱毛器を使うため、レーザー脱毛も際には肌に痛みを感じたり軽いやけどのような症状が出る事があるのです。症状が酷くなる事は稀にありますが、エステはクリニックと違い医療行為が出来ない欠点もあります。
またエステが脱毛に使っているレーザーは永久脱毛を行っているものではなく、ムダ毛を徐々に薄くするものです。ですので時間を置くと新しい元気な毛がまた生えてくる事もあります。その他では費用が高くつくのも挙げられます。

脱毛エステは費用が高額で肌に痛みを感じる事がデメリットとしてありますが、家庭脱毛と比べると仕上がりが綺麗でどんな頑固なムダ毛でも脱毛してくれるメリットがあります。金銭的に余裕のある方や、仕上がりにこだわりがある方であれば脱毛エステに通ってみても良いでしょう。

カミソリで剃るメリットデメリット

次はカミソリで剃る事のメリットデメリットです。

カミソリと言えば誰でも1度は使った事があると思います。コンビニにはもちろん100円ショップでも購入する事が出来るので、思い立った時にいつでも手軽に剃る事が出来るのが、良い点と言えます。そして洗面台はもちろん、バスルームでも手軽に剃る事もメリットの1つです。
また最近では電動カミソリも登場し、シェーバーに匹敵する程の深剃りが出来る物も増えています。

しかしデメリットとして挙げられるのが手軽故の剃る回数でしょうか。
カミソリはあくまで除毛であって脱毛ではありません。毛を毛根ごと除去する脱毛エステなどと違うので、定期的にカミソリでムダ毛を剃っていかないといけないのです。
しかもカミソリ1つで体全体の毛を剃ろうとすれば、時間もかかってしまい面倒に感じてしまいます。

カミソリを使って剃る事は安く・どこでも・手軽がメリットになり、脱毛はしたくないけど毛を目立たせたくない部分に使うのが良いでしょう。
しかし、本気で脱毛したい方であれば他の脱毛方法を探した方が良さそうです。

脱毛クリームを使うメリットデメリット

また脱毛クリームを使うメリットデメリットも紹介します。

脱毛クリームはクリームを脱毛したい部分に塗って放置し、最後にクリームを拭き取るという作業です。
メリットとしてはクリームを肌に塗るだけの作業ですので、楽に脱毛が出来る事です。またバスルームはもちろん、どこでも出来る所が大きいでしょう。

しかし脱毛クリームには大きなデメリットが存在します。それはクリームにある副作用です。
肌が強い人であれば良いのですが、敏感肌などの方が使うと肌荒れを起こしてしまい毛穴が赤くなってしまいます。炎症は時間をおけば次第におさまりますが、その間素肌を隠していかないといけません。
また1回で脱毛出来なかった部分には肌を休ませる為に、しばらく時間をおいてからでないと脱毛クリームを使う事は出来ません。

こう考えると脱毛クリームは肌が強い方で、なおかつカミソリが面倒・エステは高額だと感じている方に最適な脱毛方法だと思います。

脱毛石鹸を使うメリット・デメリット

最後は脱毛石鹸を使うメリットデメリットです。

脱毛石鹸は見た目は普通の石鹸で毎日泡で洗う事でムダ毛を薄くし、最終的には脱毛と同じ効果が得られる優れものです。
また泡を使うので痛みはまったく無く、脱毛クリームみたいに放置する待ち時間はありません。

しかし脱毛石鹸にもデメリットがあります。脱毛石鹸の1番のデメリットと言えば、効果を感じるまで時間がかかる事です。毎日継続して石けんで洗う必要があるので、他の方法と違い効果を待つまでの忍耐力が必要になります。
また脱毛石鹸は人によっては全く効果がなかったという方もいるので、購入する前は商品の説明・評価などをよく読んでおく事が必要になります。

脱毛石鹸は時間こそかかりますが、肌に負担をかけずにゆっくりと脱毛したいという方には良いかもしれません。

以上が脱毛方法それぞれのメリットデメリットです。効果はそれぞれですが、まずは色々試してみて自分に最適なものを選ぶようにしましょう。